往路飛行機からの光景

2005/07/03
グアムへ
去年に引き続き盆休みをスライド。
御存知の通り、オンシーズンになれば
旅行料金は倍になるし、
ついでに居心地の悪さも倍になる。
行けるなら、行かない法はない。

現在グアムは雨期だが、とりあえず、
自分の晴れ男的才能に賭けてみる。
グアムも初めて行くことになる。

ホテルからの夜景

2005/07/03
First Impression
空港からバスで中心地へと向かった。
当初描いていたイメージ通り、鄙びた田舎である。
日本でいえば淡路島や鳥羽あたりの印象に近い。
開けているのは僅かな地域−Tumon地区だけだ。

目抜き通りほど近いホテルにチェックイン。
今回はただ太陽や海と戯れに来ただけだが、
何か考えさせてくれても、それはそれで有難い。

案内してくれた兄ちゃん

2005/07/04
死にかけて
予定を決めるのが苦手である。
乗馬をしよう、というのもノリで決めた。
グアムで乗馬、というのもやや捻れているが、
日本では、素人が野外で馬を走らせることは
実質ほぼ不可能である。
グアムは治安が良いことで有名である。
そのグアムで死に直面するとは思わなかった。
落馬の危機を幾度も回避し、
今はなんとかこうやって生きている。

タモンビーチ

2005/07/04
綺麗じゃない
肝腎の海は一見、綺麗に見える。
上から見ると底がくっきり見えるのだ。
しかしシュノーケルを付けてみると、
それが錯覚なのに気付く。
濁っていて視線の届く範囲はかなり狭い。
人の集まるTumon Beachは特にそうだ。
とはいえ、白浜なんかよりは勿論綺麗である。
海に対する要求水準が高くなってしまっている。

イパオビーチ

2005/07/05
他のアクティビティーは要らない
グアムをよく知ってそうな人に
魚が多そうなビーチを訊く。
イパオビーチが良い、という。ホテルから近い。

ハワイ・ハナウマ湾を体験してしまうと、
並大抵ではつまらなくなる。
とはいえ魚群に囲まれつつ、呆けて浮いていると
普段使わない脳が動き出す気がする。

ボウリングに興ずる地元の人々

2005/07/05
グアムボウリング事情
多分、グアムには2箇所のボウリング場がある。
夕暮れ、片方のボウリング場まで足を伸ばす。
"Asian Youth"の予選をやっている、と聞いたのだ。
残念ながらtournamentは終了しており、
地元の人がコンペに興じていた。

私達も投げたが、余裕で過去最低点を叩き出した。
同居人(ave. 約140)は21点という馬鹿スコア。

ガンビーチ

2005/07/06
英語脳
写真はHotel Rd.北方沿いの「ガンビーチ」。
ここは狭く、何もない。避けるのが吉である。
仕方なく、日光を浴びながら単語帳を読んでいた。
私は日常英語を話すことないので、
旅は唯一の英語を使う機会である。
感じるのは「英語は厳しい言語だ」ということ。
自分の意思を明確にしなければ、
単にばらばらと単語を並べるだけになってしまう。
大事なのは単語の量より、考え方の構造の方。

バーにて

2005/07/06
海辺で呑みたい
ハワイにはホテル"Royal Hawaiian"内に
"Maitai Bar"という心地の良いバーがあった。
毎晩のように、そこで呑んでいた覚えがある。
しかし、グアムにはなかなか海岸沿いのバーがない。
知る限りでは、このHilton内のバーしかなかった。

最後の晩である。
いつものように、甘いピナ・コラーダを呑む。

ホテル前にて

2005/07/07
グアム総括
グアムは地理上、面白い位置にある。
アメリカ本土からすればハワイの方が近い。
米国人にはグアムまで来る意味は希薄なのだ。
勢い、Koreaや日本人の割合が多くなる。
オフシーズンだったが、
それでもショッピングモールを占拠しているのは
95%が日本人だ。
気のせいかもしれない。しかし、現地の人は
ほとんど日本人に倦んでいるように感じた。

椰子

2005/07/07
グアム総括(続)
グアムの人口の60%は、原住民のチャモロ人と
フィリピン人で占められる。
彼らは総じて愛想が良い。日本語も達者だ。
しかし、その微笑はほとんど空疎に見えた。

・・日本人が金銭以外、ここに残していないから。
グッチ、プラダ、コーチ、ヴィトン・・
目の色を変えて店舗から店舗へと彷徨いながら
そんなことを思った。

グアム税関にて

2005/07/08
情報を断って
5日間、日本からのニュースを断った。
グアムへの逃避行。戻ってくると、
・郵政法案が衆議院を通過
・長嶋さん華麗に復活
・若貴兄弟骨肉の争い、新たな局面に
・阪神が妙に勝ち続けている
たいがいのことは、つくづくどうでもいい事だ。

龍宮2本

2005/08/01
O.ヘンリーのような
「焼酎なくなったねー」
(勿論、実際は山ほどある)
「何か買わんといかんね」

次の日、一升瓶を抱えて帰ってきた。
既に同じ銘柄が家にあった。
なぜかこういうところだけ価値観が合う。

羽生四冠

2005/08/12
今年も将棋まつりへ
羽生四冠の言動にはいつも注目している。
その考えの柔軟性、旺盛な知識の咀嚼力には
ただただ驚嘆するばかりだ。

というわけで、今日は羽生デーとなった。
この人、ひどく恰好いいと思うのだが、
あまり同意を得られた試しがない。

夕暮れ

2005/08/26
でもズルしてません
昨日、同居人がいきなり高熱で倒れる。
珍しく重篤に見えた。死にそうである。
で、今日は休んで看病するつもりでいた。

同居人、病院にも行かず奇跡的回復を見せる。
昼頃には平気な顔でカレーうどんを喰っている。
結局看病も何もせず。
学生の頃のズル休み気分が味わえた。

衝撃

2005/08/30
健康診断でへこむ
健康診断の結果が帰ってくる。

・・・・なんじゃこりゃ。

中性脂肪値だけが異様に高い(数値は内緒)。
何気にHDLコレステロール値も低い。
もう今、目を血走らせながら反省会中である。
我ながら結構ビビりだ。

占い

2005/09/25
詐欺
京都三条の紀伊国屋前。
何やら人だかりがしている。
本を買えば手相を見て貰える、らしい。
列に並んでみた。占い初体験だ。わくわく。

・・・・・・
・・・・・・宗教団体に勧誘されました。
見て貰った人、御愁傷さまでした。

たらこ

2005/09/29
2年は少し短すぎて
やや違和感を感じながらも、少し嬉しい。

たらこキューピーも喜んでいるようだ。


試飲会

2005/10/02
心も身体も酒浸し
試飲会である。

「焼酎ブームは終わった」はずなのに、
なんだこの人の多さは。
廊下にまではみ出してしゃがみこみ、
ぺらぺらのコップを愛でる様子は
とってもホームレスな感じがした。
プリミティブ。

試験会場

2005/10/16
緊張と弛緩
やれやれ。本日試験終了。
ここ2ヶ月間はなかなか本気で遊べなかった。

何のために試験を受けるのか?
終わった後の、この弛緩が嬉しい、
というのが理由の一つだ。
プライベートの適度な張りは、お肌と同様、
重要だと思う。

結果

2005/12/18
試験結果
なんじゃあこりゃあ!





シャラポワさん

2005/12/21
シャラポワを見た
この「シャラポワJapanTour」なるイベントで、
彼女はいくらくらい稼ぐのだろう。
本国で嫌われるのもまあ、さもありなん。