December 23, 2005

シャラポワ VS 和田アキ子 

Category : 日常雑事

去る12/21、現在営業で日本巡業中のシャラポワさんを見に行った。

マリア・シャラポワ

数日前からこの日は定退!(シャラポワ定退)と宣言し、
仕掛かりの業務は無かったことにして、槍が降ろうが速攻定時退社。
当然である。アリーナ席、¥12000×2名。
同居人からクリスマスプレゼントとして貰ったのだ。
これは無にするわけにもいくまいに。

私は別にシャラポワさんのファンでもない。
ただ、プロテニスを観るという経験は、
プロ公式戦がない関西ではなかなか希有なのだ。
シャラポワの胸のあたりの2つの突起やら、
パンチラやらを愉しみにしていたわけでも、断じて、ない。

大阪城ホールに到着。既にキッズスクールのコーナーが始まっている。
司会の松岡修造の声が廊下に響き渡っている。

「ほーら。これがマリアの手だよー。この通りに握ってみてねー。
こんな経験なかなかないよー。ね。ほらバックハンドで握りを変えてって。
ここまで言ってくれる人ってなかなかないよー」

まあ、修造のことはこの際どうでもいいのだが、
異常にサービス精神が強い人だった。ずーっとこの調子で話まくっていた。
幕間には、2階席にまで顔を出してまで、
マイクを持ちながら、本当にどうでもいいことを話続ける。
TVとのイメージ差が殆どない。好感は持てた。

席に着く。ほぼセンターラインかぶりつきである。ものすげえ良い。
例えれば、クラブ活動で隣合ったテニスコートが2面あって、
片方でプレイをしながらふと横のコートを見ると、
あれシャラポワがいるわ、くらいの距離しかない。

イベントはスポンサーのサマンサ・タバサの鞄の宣伝を兼ねた
ファッションショーから始まった。こんなのも激しくどうでもいい。

ただ、シャラポワさんの背の高さは改めて際立っていた。
松岡修造以上のタッパである。身長188cm。激高い。
そりゃモデルも楽勝出来るだろう。
後ろに並んだ本職「モデル」たちが、そこらへんのお姉ちゃんに見えた。
すっかりシャラポワさんの引き立て役と化してしまった。
テニス世界ランキングで五指に入り、容姿までよけりゃあ卑怯だわ。

ファッションショー

そしてテニスにおける背の高さの脅威を、次のダブルスで目の当たりにする。

ラケットの角速度は普通に見えるが、そこから弾き出される球は恐ろしく伸びる。
ネット上すれすれをほぼ地面と平行に音のように通過し、
エンドライン寸前で、くく、と落ちる。
素人目にも長いリーチを最大限に生かしているように見えた。

杉山愛&シャラポワと他日本人選手ペアの試合だったのだが、
相手が少しでも浅い球を打とうものなら、シャラポワさんは容赦ない。
大人げなく、いとも簡単にクロスで間を抜いてしまう。
こうなると日本人ペアは手も足も出ない。

ダブルス

この人は顔が綺麗だから、こんな特例的個人ツアーで荒稼ぎもできるのだが、
本質は和田アキ子なんではないかと思った。
明らかに手を抜いていても、それでもひどく攻撃的な雰囲気を醸している。
筋肉も当たり前だがすごい。身体もよくよく見ればゴツい。
「ゴッド姉ちゃん」と呼ばれ、デストロイヤーを倒していた頃の
和田アキ子と喧嘩したらもの凄い様相を呈するのではないか。

ただ、シャラポワさんのサーブにおける挙措はごく美しかった。
テニスボールを上げる指先までしなやかに、すらり、と伸びている。

サーブ

次が最後のシングルス、シャラポワVS杉山愛の試合である。
先のダブルスではおふざけの要素が多分にあったが、
この試合は一応ガチの雰囲気である。
杉山さん曰く、この試合のために「すごく練習した」らしい。

所詮名誉も賞金もないエキシビションマッチだし、
両者共モティベーションも低いだろうと話半分で聞いていたが、
一連のイベントの中で一番凄みを感じたのは、
むしろこの試合における杉山さんの方かもしれない。

2人並ぶと、その身体的ハンデは明瞭である。

シャラポワ&杉山愛

しかしこのアジア人らしいハンディキャップを、
彼女は強靭なばねのようなスイングでカバーするのだ。
その迫力は規格外のレベルだった。ちょっと想像していなかった。
特にバックハンド。恐ろしく腰が据わっている。
ラケットをぶん回すという表現が相応しい力強さである。
ラケットが斧に見えた。
流石にかつて世界ランキングベスト10に入っただけのことはある。

杉山愛

2人の試合は、モンゴルの巨体力士に正面勝負を挑む小兵を想像させた。
試合自体は途中でシャラポワさんが明らかに息切れ、
(ネットが矢鱈と多くなった)
8-5で杉山愛の勝利。

でもまあ、いいラリーを観ることができれば
結果なんかはどうでもいい。
刺し違えるような真剣勝負を観たい。

Comments (0) | Trackbacks (0)

December 18, 2005

試験の顛末 

Category : 日常雑事

参考:エントリー「弛むために張る」

試験後に不安なんてなかったわけよ。
手応え?あったよ。
後でJITECから模範解答が出てきた時、更に勝利を確信したもん。
調子ぶっこいてたわけね。
受かった後、上にどういう報告するかとか、そんなことばかり考えてるのよ。
「いやね、たいしたもんじゃないんすけど、こんなの受かっちゃいまして、
まあ業務には大して関係ないんすけど、ま、嗜みとしてね」
嫌みな奴だね。
合格発表はwebで公表されるのよ。それが12月15日。

何点で受かってるか、興味はそこにしかない。
受かってることが前提なのよ。
点数はホームページにパスワードを入れたら、見ることができる。
フンフンフーン、なんて鼻歌歌いながらね、
片手に焼酎を持ってね、もう祝い酒用意してるの。
それが夜中の12時頃かな。で、見た。

結果

最初、何が起こってるのかわからなかった。
次の瞬間、ウオーッてなった。

あれだけ一生懸命に書いても、採点すらされていない。

そうねえ、怒りだね。怒りが込み上げてきた。
自分に対して、社会に対して。
オレは、いつもそういうものに対していつも牙を剥いてきた。
ちょうど呑んでたさつま白波、こいつにすら怒りを感じたよ。

それから、寝た。どうしようもないもんな。
明日、どうやってJITECにねじこむか。
布団の中でそんなことばかり考えてた。
判定はどうやっても覆らない。それは判っていたよ。
無駄だと判ってても、考えずにいられなかった。

次の日の朝、電話したよ。JITECに。
マークシートミスだと、相手のお姉ちゃん、言った。
「1」にマークすべきところで「0」にマークしているって。
オレ、言った。
「しかしさ、そのマークの下に書いた数字も機械読み取りでしょ。
それが書けててもダメなの?」
「はい、規則ですから」
「じゃあさ、間違えてるんなら、解答用紙のその場所をコピーしてファックスせい」
証拠を見せろ、って。
「それは規則でできません」

規則!規則!規則!
オレ、言った。「もういい、わかった」

絶対お前ら、見返してやる。

オレにしてみれば、こんな扱いは馴れっこなんだ。
オレはこういう怒りをエネルギーにして、
そして自分の中のハングリーさを更にかき立ててきた。
今、全てを失っても、またやれる。そのぐらいの気持ちはあるよ。

注)上記にはフィクションが含まれています
注)実際にはJITECさんは誠実な対応でした
注)本当は2日間泣いてました

Comments (0) | Trackbacks (0)

December 12, 2005

PowerMac G5

PowerMacG5は無駄に重いわ
(箱から引きずり出すまでで一苦労)
OS9からのデータの移行方法がわからず約2時間オロオロするわ、
セッティングに時間は掛かるわ、
更に私はOSXをよく判ってないわ、
挙句の果て労をねぎらおうと
今まで使っていたMacの掃除をしたらHDDは壊れるわ、
かくしてOSと戯れているうちに土日が完全に潰れた。

年賀状が書けません。

Comments (0) | Trackbacks (0)

December 8, 2005

20Q、一瞬の打ち上げ花火か? 

Category : デジタルモノ

勢いでパソコン(まだ未開梱)を買っちまってから、
浪費癖に歯止めが掛からなくなった。
気持ちいいくらいレッドメーター側に振り切れている。
よって、モノの価値を判断する眼鏡がすっかり曇ってしまい、
すっかり鷹揚なヒトになってしまった。

ほんの一瞬、コレ欲しいと思っただけでこんなガジェットも衝動買い。
単価こそ安いが、無駄であることには変わりない。

20Q

既に流行りをやや逸した感がある20Qである。
「思ったことを当ててもらう」という逆転したコンセプトは目新しい。
概要は本家などを読んで頂くとして、
知ってもらうには、実際にプレイした様子を書くのが手っ取り早い。

さて、私は一体何を思い浮かべたのでしょう。
以下リアルタイムでゴー。

ソレハ イキモノ? →はい
マヨッタトキニ タスケテクレマスカ? →いいえ
ソレハ チャイロイ イロデスカ? →いいえ
ソレハ タマゴヲ ウミマスカ? →いいえ
ナガイ シッポガ アリマスカ? →いいえ
ソレハ オヨグコトガ デキマスカ? →いいえ
アシガ 4ホン アリマスカ? →いいえ
ソレハ ウゴクモノ デスカ? →はい
ソレニハ モノスゴイ カチガ アリマスカ? →いいえ
ショクパン 1キンヨリ チイサイデスカ? →はい
リョウウデデ モツゴトガ デキマスカ? →いいえ
ソレヲ クウチュウデ ミツケルコトガ デキマスカ? →いいえ
ソレハ ユウガイナ モノデスカ? →はい
ソレハ ホニュウルイ デスカ? →いいえ
ソレハ アナタガ スキナモノ デスカ? →いいえ
ソレカラ オトガ デマスカ? →いいえ
デンシレンジヨリ オオキイモノデスカ? →いいえ
チイサイモノ デスカ? →はい
ソトニアルモノ デスカ? →はい
ソレハ ミエルモノ デスカ? →いいえ

当てられてしまった。簡単すぎたか。

コタエハ ウイルス デスネ?

ちなみに全ての質問に「わからない」と答えると、

ソレハ ソンザイシナイモノ デスネ?

などと哲学的に返す。仕込みにせよ生意気な野郎だ。

ただ、正答率70%を誇るとの謳い文句だが、
私がプレイした感覚では50%程度の正答率である。
当然の成り行きだと思うが、具象性が高いものほど当たりやすい。
逆に職業など、抽象度が高い語句だと、かなり誤答が増える。

感心したのは次の2点。
語句データの分類・探索方式と、質問内容の練りかたである。

語句探索にどんなアルゴリズムを使っているかは想像すらできない。
ただ、全てにyes/noだけで答えたとしても、
2の20乗は100万を超えるから、原理的に語句の絞り込みは可能。
そこを如何に単純化するか、という点で精緻なテクニックが
駆使されているのだろう。このチープなマイコンに実装する前段階で、
膨大なデータを整理・分類したプログラム(またはヒト)が偉い。

あと、一見アホらしい質問群にも趣向がある。
こいつ、狙いが的確な時は
まるで尋問し、追いつめるような質問を発してくる。

例えば、私が電話などで離れた場所の状況を訊く時、
気の向くままあっちゃこっちゃに質問が飛んでしまい、
電話を切った後で考え直すと、結局何も状況が判っていないことがままある。
質問は広いところから段々と範囲を狭めていくように行う。
こいつはそういう基本的原則に忠実だ。

しかしこのおもちゃ、致命的な欠点もある。
すぐに飽きるのだ。

こいつ自身は何一つ成長することがないので、
普通に遊んでいるだけでは、すぐに限界が見える。

飽きさせない方法としてぱっと思いつくのは、
USB端子+フラッシュメモリーを付けてPCとの接続を可能にして、
専用アプリで不正解だったパターンを学習できる仕組みを備えること。
で、どっちが賢いかを戦わせたりもできる。
今やこの手の玩具は、カスタマイズ性がないと古くさく感じる。

こいつ、何かクリエイティブな遊び方はないものか。
いろいろと考えてはみたが考えるのにも飽きて、
今日、職場で誰か買ってくれと呼びかけてみた。
なにしろこれ、定価2100円の癖して
一部で¥3000以上のプレミアが付いている。
幸い幾人かが興味を示したので、いくらで売り捌いてやるか算段中である。

ちなみにここが発祥の地。実際に遊べる。但し英語サイト。

http://20q.net/

「人の心を読む」系ということで、ここも紹介。

the flash mind reader

「2桁の数字を思い浮かべ、その2つの数字を足した数を
最初の2桁の数字から引く。その数に対応した絵柄を覚えて
水晶をクリックすると・・」
でもこっちはただの簡単なトリックなんで、お間違いなきよう。

Comments (0) | Trackbacks (0)

December 4, 2005

私の経県値 

Category : 日常雑事

一時的なはやりものに乗っかってみる。

私の経県値

ああ。思い出が次々と蘇ってくる。

Comments (0) | Trackbacks (0)

December 3, 2005

今まさに 

Category : Macintosh

PowerMac G5を注文しようとしている自分がいる。

注文

Comments (0) | Trackbacks (0)