November 28, 2006

優れた芸術は説明を拒む
ノー・ディレクション・ホーム

ディランのことを知らない人に、
ディランの「良さ」を伝えることは、
ペンギンにウクレレを教え込むくらい困難だ。
何より自分自身も、何処が好きでディランを聴くのかよく判っていない。
確かに歌詞の多義性や含意の深さは万人が認めるところだが、
(ノーベル文学賞にノミネートされたほどだ)
勿論、それだけが理由でないことはわかる。

このドキュメントはボブ・ディランの生い立ちにまで遡り、デビューから、
アコースティックからフォークロックへ転身する頃を経て、
バイク事故で活動を休止する1966年までの流れを、
ディラン本人、当時ディランに関わりが深かった
ジョーン・バエズ、アル・クーパー、アレン・ギンズバーグ、
スーズ・ロトロ(レア。デビュー当時のパートナー)らの
インタビューを交えて追ったものだ。
貴重な当時のライブ映像も、随所随所、潤沢に挿入される。
監督はマーティン・スコセッシ。208分の大長編である。

ボブ・ディランという生き方

このドキュメントに結論はない。
ミネソタの一介の田舎者が如何にスターダムに上がったかという
サクセスストーリーでもない。
強いて言うなら、「本当に好きなようにやる」ことがいかに困難を伴うか、
という一つのサンプルである。

2枚目のアルバムを出す頃には、
彼は時代の寵児として熱狂的な扱いを受けていた。
この時、ディランはまだ22歳。
だが、この崇拝にも似た熱狂が、数年後には彼に向かって牙を剥くことになる。

ディランがアコギ一本で演奏するオーソドックスなフォークのスタイルから、
エレクトリックのバンドスタイルに転向した時に生じたファンとの軋轢、
(現在では理解しがたい、”ポップ/商業主義に魂を売った”的非難)
そしてマスコミの批判、無理解が一斉にディランに襲いかかる。
過去のディランを求め続ける周囲と、あくまでスタイルを変えようとしないディラン。
この対立項が、本ドキュメントの主軸となっている。

このドキュメントには、ディラン・バッシングの端緒となった、
1965年のニューポート・フォーク・フェスティバルの映像が収録されている。
これがまた、非常に生々しいのだ。

ステージは”マギーズ・ファーム”で幕を開ける。いきなり超弩級の演奏である。
遠慮仮借なく縦横無尽にギターを弾きまくる名手、マイク・ブルームフィールド。
あまりの演奏の激しさにざわつく観客。そして沸き上がる怒号。
目に余る観客のブーイングに耐えかねてか、「帰る」と一言残し、
ディランは数曲でステージを切り上げる。
予定外の展開にあわてふためく司会者。
なんとかして宥められたのか、その後、ディランは再度アコギ一本でステージに上がり、
観客に語りかけるように、"イッツ・オール・オーバー・ナウ"を歌う。
確かにこの時、ディランは涙を流しているように見えた。
非常に有名なエピソードである。このシーンを映像で見られるとは思ってもみなかった。

ロック、ということ

ロックとは何か、という問いに答えることは難しい。
しかし、どのような音楽のスタイルをとっても、
ロックたりうることは可能ではないか、と思う。

「好きなようにやり続ける」ことは、
恰好つけて体制に唾吐くポーズをとることなんかよりよほど困難である。

最後、ロンドンでのコンサートの様子が映し出される。
バックステージのディランの眼は虚ろで、焦点が合っていない。
ドラッグでばっちり決めた後のようだ。

「ユダ!」観客が罵声を飛ばす。
ディランが投げやりに応じる。
"...I don't believe you... you are liar...play it fuckin' loud!"

古き記憶に留まり続ける観客を嘲弄するかのような爆音が鳴り響き、
"ライク・ア・ローリングストーン"の演奏が始まる。

"How does it feel?"挑発するようにディランは歌う。
その様子はロック以外の何物でもない。

購入してしまった

好きなエピソードは、大のディランのファンだったアル・クーパーがオルガン奏者として「ライク・ア・ローリングストーン」のレコーディングに無理矢理乱入するくだり。ちゃっかりオルガンの前に座っているアルを見て、プロデューサーが「テイクワン・・お前そこで何してる!」と叫ぶ声には笑った。あとは「オデッタ」という女性ブルースシンガー。文章では表現しにくいが見た人にはわかる。バウッ!

Comments (0) | Trackbacks (0)

November 24, 2006

紅葉リベンジ Part2 

Category : 写真・flickr

今日は会社を休んで大正解だった。
朝起きると、なにより空が、透きっと晴れている。

晴天

しかし最近の天気予報は全然当てになんない。

最高の撮影日和の上、飛び石休日の中日にも関わらず
思ったほど人出も多くはなかった。
観光客が多い時の京都はだいたい殺伐としているのだが、
今日は閑散とまではいかないにしても、比較的穏やかな雰囲気だった。
そこそこ混んでいるが、客層は良い。

今日はこの時期の休日には到底行く気にならない場所、
紅葉狩りといえばここ、京都の東山に行った。
ルートは清水寺→正法寺→高台寺→知恩院である。泣く子も黙るベタベタ路線だ。

しかし、観光客がここぞとばかりに集うベタベタスポットにも
きちんと継続的に集客できる訳がある。ネームバリューだけが理由ではない。
即ち、光景の切り口の多さだ。
少し場所を変えれば、景色はがらりと違う様相を見せる。
ここが凡百の観光名所と違うところだ。一点豪華主義ではすぐに飽きが来る。
清水なんかはそこに至るまでの道のりも多様だ。
京都ネイティブの私も幾度となくここに来ているが、
いえいえ、まだまだいいおかずになる。

そんな訳で今日は天候+景色の両要素に恵まれて、
GRの電池が切れるまでシャッターを押し続けた。150枚以上撮った。

まず清水寺。どうもこの東山方面は西日を豊富に受けるせいか、
紅葉の色づきにかなりムラがあった。まだまだ青々とした葉も多い。
この地区、本格ピークは来週中頃かもしれない。

清水寺

言わずと知れた清水寺。もろ観光写真である。

そして今回一押しの正法寺。ここはいいぞ。紅葉の季節に限らずいい。

正法寺

正法寺からみた京都市内。見渡せる視界はかなり広い。

正法寺、名所として知られていないことはないと思うが、
ここに至るまでの坂と石段で心折れてしまう人が多いのではないか。
しかし、この京都市内のパノラマ風景と掛かる手間を天秤に掛ければ、
パフォーマンスは最高レベルと言える。高台寺の入り口から徒歩でたった10分である。

そして、昼の部のラスト、高台寺。
ここは案外中が広く、参拝ルートの経路にも工夫がある。
京都に馴れていない観光客なら、いかにもそれ風のアイテム群
(池、竹林、石庭、古びた像、等)がそそるのではないだろうか。
特に京都ビギナーにお薦めできる場所。

高台寺

高台寺。アイテムの種類には事欠かないが、写真映えのする景色を撮るのは結構難しい場所だと思う。焦点がぼやけやすい。

今日はここで終わろうかと思ったのだが、
やはり厳しい環境と戦ってこそ漢だろうと、
今日もライトアップに挑戦した。知恩院に向かう。
昨日の反省を踏まえ、三脚持参で夜の部開門30分前からスタンバイした。

知恩院

知恩院。枯山水のライトアップ。この写真の場所に足を踏み入れるなり、あちこちから嘆声が聞こえるほど、幽玄を感じる光景だったのだが・・。

慣れない夜間撮影はやはり難しかった。
だいたいの写真が露出オーバー気味になっていて、
またPCの前でがっかりしていた。
GRの場合、夜間でも明るくライトアップされていれば、
ISO100/f6.3で1秒もシャッターを開けていれば充分のようだ。

ああ。お腹いっぱい。

Comments (0) | Trackbacks (0)

November 23, 2006

紅葉リベンジ 

Category : 写真・flickr

鴨川

夜の鴨川。四条大橋から。

また紅葉を撮りに行った。
場所は京都の一乗寺エリア、丈山寺〜圓光寺。

今日も充分色づいていたが、
このエリア、紅葉は明日、明後日くらいがピークだろう。

丈山寺

詩仙堂 丈山寺。ここは狭いけど、落ち着きのある好スポット。

人の多い所にわざわざ行くのだから
愚痴るのは間違っているが、片田舎にほんと人来過ぎ。
揃いも揃ってパシャパシャやっていたが、
皆、いい写真は撮れたのだろうか。
私も100回以上シャッターを切ったが、
天気が悪い上、夜間ライトアップ狙いで午後遅く行ったものだから
光量が足りず、日中に撮った写真も殆どゴミ箱行きになった。
いわんや夜間の撮影をや。失敗ショットだらけだった。

圓光寺

瑞厳山 圓光寺。広告活動もお盛んなところ。鮨詰め状態でライトアップ演出を「見せられる」。喜多郎ちっくな音楽に合わせて照明が調光されるのだが、別段感心するにはあたらない。ワビサビに浸りたい人には不向きな場所。

失敗の原因は、シャッタースピードを稼ぐが為に絞りを開けすぎたこと。
すっとぼけてピンが来ない絵の連発でPCの前でがっかりしていた。
暗めでもきちんと絞りを落とし、
三脚を据えてゆっくりと撮らないと綺麗に仕上がらない。
まあ、特に圓光寺はとても三脚を立てるような雰囲気ではなかったが。

あと、個人的にはGR Digitalの真価はISO100以下で発揮されると思った。
今日はISO200で固定していたのだが、やはり少々ノイズが目立ち、
GR独特の精彩感を期待するとどうにも不満が残る。

反省を踏まえ、明日再リベンジ。でもまた天気悪そうなんだよね。

Comments (0) | Trackbacks (0)

November 18, 2006

被写体は何でも良かったんだけど 

Category : 写真・flickr

紅葉

全体的な紅葉度は三分染めといったところ。市内も鞍馬も変わらなかった。京都の見頃は11/25くらいと想定。その次の週くらいに、運が良ければ綺麗な紅葉絨毯が見られるのでは。

デジカメを持って出歩きたくて、
ずっとうずうずと平日を送っていたのだが、
ようやく辿り着いた週末は生憎の曇り空だ。

悔しいがこればかりは仕方ないので
予定通り紅葉を見に行ってきた。
ルートは南禅寺〜安楽寺〜貴船神社。
貴船で夜間ライトアップまで粘るつもりだったが、
雨まで降ってきたので断念。

南禅寺。このカメラ女性は紅葉なんてさっぱり諦めている。

南禅寺

南禅寺にて。やっぱり広角レンズは歪むなあ。

安楽寺。境内の内庭。

安楽寺

住蓮山 安楽寺にて。全然紅くないじゃん。

貴船神社。山中は紅葉が少しは早いかと思っていたが・・。

貴船神社

貴船神社にて。やっぱりあんまり紅くないじゃん。

どこも人、人で凄い混み具合だった。
貴船に向かう叡山電車の中も尋常じゃなかった。
桜といい、赤いものに対し異常に興味が向かうのは、
日本人独特の現象なのだろうか?
「全然紅くねえし・・」と悔しがりながら、そんなことを思った。

Comments (0) | Trackbacks (0)

November 5, 2006

GR Digitalを購入した理由 

Category : 写真・flickr

Amazonで発注していたGR DIGITALが届いた。
待つにはとても長い一ヶ月だった。
¥61800にキャッシュバック¥5000。安くなったものだ。
発売初期には¥80000くらいはしたはずだ。

GRD

GR DIGITAL。うむ。GRをGRで撮りたい。

一年以上前の発売当初からこのカメラの存在は知っていたが、
「ズームが無くて地味な割に高いカメラ」くらいの印象しかなかった。
しかし、何度かヨドバシで実機に触れていくうちに
私の中でどんどんこのカメラの存在感が膨れ上がっていき、
最後の方にはどうにも辛抱たまらん状態で、GRGRGRええいままよと
「カートに入れる」ボタンを押してしまった。

一体、GRの何処に惹き付けられたのか。

安っぽいのかハイグレードなのか判断しかねる微妙な外観、
決して充実しているといえない機能、
ファインダーが無い、望遠が無いという明白な欠損、
いざ使ってみるとマクロ時の合焦は遅いわジージーとうるさいわ、
それでもこのカメラは充分アトラクティブだ。

ごく素直に「写真を作り込みたい」、と感じさせてくれるからだと思う。

絞り、シャッタースピードがダイヤルでコリコリと操作できる。
これは想像以上に快適。露出もフィルム感度もダイヤル操作可能。
そして操作結果はリアルタイムに液晶画面に反映される。わかりやすい。
初心者でも、写真を作り込もうという意欲が湧く操作性である。
「こんな機能あります」「こんなこともできます」だけでは駄目なのだ。

あと使ってみて感じるのが、絶妙な重量感、ホールド感。
外側のカタチだけの話と思いきや、これは結構馬鹿にできない要素。
シャッタースピード1/4sec.でも、案外ブレない。
使いやすい=軽くて小さい、というわけではないことを再認識した。
GRって手振れ補正ないからダメじゃん、などという意見も聞くが、
それは案外大丈夫じゃないかな、と思う。

そしてできあがるのがクリアな画。
GRレンズの明るさは実際にPCに取り込んでみて初めて実感できる。
MinF値2.4は伊達ではない。
ディテールの丁寧な描写は、上品という表現が最も相応しい。
鮮やかさや解像感を声高に主張するわけでもなく、
見えたものを当たり前に写し込むさりげないところが、いい。

写真を撮ることは愉しいもんだよ、
ということをこのカメラは教えてくれるように思う。

まとめると、

・カメラはズボンのポケットに入らないと意味ないし
・ひととおりのマニュアル撮影ができないと
・35mmが最近窮屈でかなわん
・ズームってぶっちゃけ使わないよね、失敗多いし

って人に薦められるカメラだと思う。

逆に、他のカメラで上記条件を満たすのは、私の知る限り、
・Panasonic DMC-LX2
(レンズ部の突起、外付けレンズキャップ<←嫌いなのだ>で躊躇)
・RICOH GX8
(面白そうなカメラだが、液晶がかなり見にくい。玄人向き?)
(11/18追記)・CANON IXY DIGITAL 900 IS
(チェック漏れ。選択肢の一つではあるが・・)
くらいしかないのでは?

ケーキ

紅芋のケーキ。少しピンボケ。1/13s f/2.8 ISO154。

鴨川沿い

鴨川沿い川端通り。1/250s f/2.4 ISO100。

河原町御池

河原町御池。三脚無しでも結構大丈夫。1/5s f/2.4 ISO100。

Comments (0) | Trackbacks (0)

November 3, 2006

ユーザーとメーカーが顔を突き合わせる現場で
最も関係が険悪となりうるのが、
言うまでもなく、クレーム現場である。

本業がしっちゃかめっちゃかの中、
クレーム処理の出張要請が舞い込んできた。行き先は宮崎市である。
商品の不具合となっている原因を究明しないと、
どうしてもユーザーさんが納得しない状況に陥っているらしい。
またこじれた現場だ。どどーんと鬱になった。日帰り確定で更にどどーん。
事情が許せば、休みを繋げて観光名所巡りをする。
焼酎の蔵元さんにも行きたい。日南海岸で鬼の洗濯岩の上で戯れたい。
でも全部無理ー。

前泊もできない。前日遅くまで機材のセッティングをして、
4:30起床、総重量10kgの機材類を抱えて伊丹空港に向かう。

現地到着後、営業所に向かい、その現場を担当した
雨上がり宮迫似のサービスマンに話を訊いてみる。
「もう出入り禁止寸前なんすよ。旦那さんの方が特に・・キツいっす」
「なんでそこまでこじれてしまったんですか」
「言葉尻を捉えられて」
細かい人なんだろうか。しかし次の言葉で腑に落ちた。

「いやね。旦那さんが”休日にこうやって(クレーム処理に)来られるとゆっくり休めない”って
言うもんだから、わたしも相づち打ったんですよ」
「それで・・」
”そうですねえ。わたしも日曜日に仕事したくないです”って」

そりゃ怒るよ。フツーにだめー。

好むと好まざると現在、立場の強さは
 メーカー<<<ユーザー
である。この傾向は今後ますます強くなると考える。
この傾向の端緒となったのが、多分、
5、6年前の東芝のクレーム対応時の不祥事である。
横柄な電話応対を録音されて、音声がネットに流れた、あれだ。

そして今、ユーザーがアドバンテージを持てる要因の一つが、
つまり、blog→ニュースサイト→マスコミという流れだ。
日々ネタ探しをするブロガーにとって、
商品のクレーム&応対したサービスの悪さは恰好のエントリー材料となる。

エントリーがアップされても多くの場合即効性はないが、
何かの折に「過去にもこんなことが」などとニュースサイトに取り上げられ、
裏が取れればマスコミも騒ぎ出す、というコンボは相当強力である。

クレーマーの存在もあって、メーカー側の対応はより複雑なものになるが、
逆を言えば、ここで強い好印象を与えれることができれば、
これは大きな宣伝材料になる。

裏の排気口(?)から「プシュッ!」と炎というか火花が飛びました。その後は、ハンダの溶けたような匂いが煙と一緒に漂っていました。「あ~、こらアカンわ」と思って、サポートセンターに連絡。安心しろ、こっちには3年間保障がついている。

下手すれば拡大損害レベルのクレームを起こしても、

なんやかんやとNECのサポートは実に優れていると思いました。次回もぜひともお世話になりたいものです。

皆さん、NECはお勧めですよ~♪

そのメーカーのファンを作ることは可能なのだ。
だから、コミュニケーション能力に長け、迅速な対応ができる
良質なサービス作業員の育成はマーケティング的にも必須だ。
メーカーがサービス対応に計上する費用は概ね馬鹿にならないが、
この費用を「宣伝費」に転化させるくらいの戦略は
今後更に必要になると思う。

ちなみに現場は午後1時頃にめでたく撤収となった。
とんぼ帰りで会社に帰る?絶対イヤ。
せめて宮崎の思い出をと、空港内にある居酒屋で焼酎を呑み、
19:00前に帰宅した。この半年で最も早い帰宅だった。

宮崎

さらば宮崎。短い間だったが。

Comments (0) | Trackbacks (0)