January 21, 2007

最高の写真教師:flickr 

Category : 写真・flickr

flickrという、写真を共有するサービスが
自分の中では今、一番熱いwebになっている。

このサイトの存在自体は前から知ってはいたが、
ずっと手を出さずにいた。 何が面白いのかさっぱりわからんかったのだ。
自分の写真をアップロードする。時にコメントを付けられる。
他人の写真にコメントを付ける。・・で、それがどうした?

しかし、やや意識的に写真を撮るようになってから、
flickrの面白みがようやく判り、見方も変わってきた。
他人の写真がインスパイアの源となってきた。
人はそれを模倣と呼ぶ。

私の写真ライブラリ(9割が失敗作)からポストする作業も、
過去の写真遍歴を時系列で眺めることができて興味深いのだが、
"favorite"という、他の人の気に入った写真を
整理・アーカイブ化する機能が、
私にとってはflickrのほぼ全てである。
flickrが最良の教材、教則本、教師であるゆえんだ。

綺麗な写真を見て、うお、と心打たれる。
反射的に"fave"に入れる。
どうやってこんな写真を撮ったのだろうかと考える。
予想した方法を試してみる。そして失敗してまた考える。
このプロセスを繰り返すのが、もどかしいのだが愉しい。

参加者の大半がアマチュアなので、確かに写真は
ー自分のことを棚の上に思い切り上げればー
玉石混淆である。しかし石のレベルも総体的には高い。
こういう場の存在が、 素人写真のレベル向上に
一役買っているのは間違いないだろう。

アカウントを取得し、私はここにpostしている。
http://www.flickr.com/photos/marser/

写真が巧いというのは持続力というか、
底力なんだろうなあ、と最近つくづく思う。
いつかアラーキーが言っていたが、
素人でも一枚だけに限定すれば、
時の運でプロを超えることは充分可能だ。

Comments (0) | Trackbacks (0)

January 2, 2007

新年明けましておめでとうございます。
皆様にとって、良き2007年であることを心より祈念します。

さて、此頃すっかりデジカメ猿と化した私は、
週末になると方々をほっつき歩いては、寒空の下、
突然カメラを手に這いつくばる等の奇行を繰り広げてきた。
この正月も例外ではなく、撮影中心のスケジュールを組んだ。

大晦日は見ていた「ガキの使い」を途中で切り上げ、
早々に布団に入った。
そして元旦の暁闇の中、おもむろに起床。
焼酎を呑み過ぎて爆睡している同居人のケツを
警棒でシバき上げて無理矢理起こす。
行き先は嵐山である。運が良ければ初日の出を撮れる。
自宅からは2時間弱の道のりだ。

初日の出

嵐山・渡月橋付近から見た初日の出。東側の見晴らしが良く、案外この時間は人が少ないので、狙い目のスポットではある。

渡月橋でめでたく初日を拝んだ後は、早朝の嵐山近辺を歩きまくる。
まだ時間は8時前である。人の姿はまだ疎らだ。愛宕おろしが肌を刺す。
実は私のホームタウンはこの辺りなのだが、
被写体という観点で見ると、馴染んだ光景も新鮮に映る。
今まで見ていた視界をぐいっ、と広げてくれるこのカメラ、
GR Digitalには本当に感謝している。

野宮神社へ詣でた後は、化野念仏寺〜滝口寺〜二尊院〜大覚寺を廻った。
今回は滝口寺がベストスポットだった。

だいたいこの辺りは紅葉で名を馳せる場所が目白押しで、
滝口寺も例外ではない。しかし、寒々しい冬の枯れ木さえも似合う場所といえば、
ここをおいて他にないだろう。
本堂はもはや荒家に近い風情を醸し出していて、侘び寂びマニアにはたまらない。
意味なく寂寥感に浸りたいなら、朝の滝口寺はお薦めである。

滝口寺

滝口寺。他の写真はこちらなどを参照。

さあ。2007年はどんな発見があるだろうか。
ただ愉しみに待っているだけでは、始まらない。
いろいろな意味で、旺盛に喰って、動こうと思う。

Comments (0) | Trackbacks (0)