January 21, 2007

最高の写真教師:flickr 

Category : 写真・flickr

flickrという、写真を共有するサービスが
自分の中では今、一番熱いwebになっている。

このサイトの存在自体は前から知ってはいたが、
ずっと手を出さずにいた。 何が面白いのかさっぱりわからんかったのだ。
自分の写真をアップロードする。時にコメントを付けられる。
他人の写真にコメントを付ける。・・で、それがどうした?

しかし、やや意識的に写真を撮るようになってから、
flickrの面白みがようやく判り、見方も変わってきた。
他人の写真がインスパイアの源となってきた。
人はそれを模倣と呼ぶ。

私の写真ライブラリ(9割が失敗作)からポストする作業も、
過去の写真遍歴を時系列で眺めることができて興味深いのだが、
"favorite"という、他の人の気に入った写真を
整理・アーカイブ化する機能が、
私にとってはflickrのほぼ全てである。
flickrが最良の教材、教則本、教師であるゆえんだ。

綺麗な写真を見て、うお、と心打たれる。
反射的に"fave"に入れる。
どうやってこんな写真を撮ったのだろうかと考える。
予想した方法を試してみる。そして失敗してまた考える。
このプロセスを繰り返すのが、もどかしいのだが愉しい。

参加者の大半がアマチュアなので、確かに写真は
ー自分のことを棚の上に思い切り上げればー
玉石混淆である。しかし石のレベルも総体的には高い。
こういう場の存在が、 素人写真のレベル向上に
一役買っているのは間違いないだろう。

アカウントを取得し、私はここにpostしている。
http://www.flickr.com/photos/marser/

写真が巧いというのは持続力というか、
底力なんだろうなあ、と最近つくづく思う。
いつかアラーキーが言っていたが、
素人でも一枚だけに限定すれば、
時の運でプロを超えることは充分可能だ。

Comments (0) | Trackbacks (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hanrasen.com/mt/mt-tb.cgi/48

コメント

(もしよろしければ)コメントを御記入ください。
なお、御記入頂いたメールアドレスは公開されません。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)