March 12, 2007

「去年の桜」 

Category : 読書(他人の褌)

ネットの文章で、泣いたり、笑ったりということは数多くあるが、
鳥肌が立った経験は久しくなかった。

この、「去年の桜」という文章である。

その奔流のような文章に呑まれた。
最後には、車窓からの桜咲き乱れる光景が確かに見えた。

死を身近に感じ、這いつくばりながら
世界の中の自分の立ち位置を必死で模索し続け、
そして絶望に近い地平の果て、得ることのできた肯定には、
普通では持ち得ない大きな力が宿っている。

去年の春、坂本龍馬の墓から見下ろした桜を、今年も見にいくことができる。これ以上の幸福があるだろうか。死ななくて良かった、生き延びてこれてよかった。

煌めく宝石が既に手の届く範囲にあるらしいことは、
なんとなく感じることができる。
しかし、私にはその反射する光の、
ほんの僅かな断片しか見えていないようだ。

私も桜咲く頃、坂本龍馬の墓に参り、
同じ風景を見ようと思う。

もうすぐ満開の桜を見ることができる。

Comments (0) | Trackbacks (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hanrasen.com/mt/mt-tb.cgi/50

コメント

(もしよろしければ)コメントを御記入ください。
なお、御記入頂いたメールアドレスは公開されません。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)