March 6, 2009

御礼TB、そして猫祭りふたたび 

Category : 写真・flickr

GR BLOG運営の皆様、
この度はTB企画「猫」に選出頂き有難うございました。
素直に嬉しいです。

そんなわけで、猫祭りふたたび。
全てGRDで撮影しました。

京都、哲学の道近くにいた猫

思えば、この時はにゃんこに指一本触れようともしなかった。プラトニックを貫いたわけだ。まだこの頃はにゃんこを見てもどう扱えばいいか判らなかった。びっくりして逃げられるか逆に噛まれるか、全く予想がつかなかったのだ。その後、そこらへんの間合いの取り方は全て猫カフェで学んだ。まあ、偉そうに言うことでもない。

京都、哲学の道近くにいた猫

この後、居眠りしている方が滑落した。
落ちた方の猫「にゃあ」→上の猫「にゃあ」→落ちた方の猫「にゃあ」→上の猫「にゃあ」・・。

金福寺の猫

人懐こいにゃんこその1。京都の金福寺にいる猫。住職の息子さんが近所をランニングしていると後をついてきて、そのまま寺に居ついてしまった由。ここにはまた行きたい。このにゃんこに会いにいくためだけに。

近所の猫

人懐こいにゃんこその2。ご近所随一の甘えた猫。人を見ればすりよって来て、そのほっぺを足にすりすりする。しばらく遊んだ後で立ち去ろうとすると、「もう行くの?」と言わんばかりにとことこと追いかけて来る。その度、ちょっとくらい警戒しろよ、とよくよく言い含んでから去るのだが。本当、猫の個性は様々だ。

Comments (3) | Trackbacks (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hanrasen.com/mt/mt-tb.cgi/56

コメント

Comment From: らいよん店長

こんにちわ!また来ましたー
猫祭りわっしょい♪
ご選出おめでとうございます!
すごいですね!相当な数からですもんね!
だってほんとかわいいですもんね~
コロコロって感じですよね。
今は当時の面影がないくらいふてぶてしくなってるかもしれませんが(笑
でも今も元気で幸せに暮らしていてほしいですね。
金福寺の猫さんはいい人に飼ってもらえてよかったですよね。
最後の黒猫さんもいい人に拾ってもらえるか、
野良さんとして自由に幸せに天寿を全うしてほしいものです。
車と悪い人(虐待目的とか・・・そんな人がいること自体悲しいことですが・・・)には本当に気をつけてほしいですね。

Posted Time: 09/03/10 00:28
Comment From: Marser

>店長さん
毎度です。運良く選ばれたのはひとえに被写体の魅力でしょう。
子猫の持つ殺傷力には計り知れないものがありますね。
暖かくなって、またこんな写真が撮れればいいんですけど。
ただ、道端で啼いている子猫は不幸と隣り合わせの存在だと気付いてしまった今では、こういうシーンに出会ってもかなり複雑な感傷にも駆られそうです。
みるく(仮名)並に貫禄が付くくらいになって、ようやく野良猫として一人前なんでしょうね。ずぶとく生きていて欲しいです。

Posted Time: 09/03/10 23:50
Comment From: らいよん店長

あら、せっかくのおめでたい話なのに
なんだかどんよりさせてしまってごめんなさい!
「茶トラ巨大化伝説」というのがあるので(とらのママさん談)きっと哲学の道のにゃんこさんも巨大化してると思いますよ!
どこぞの仮名の方のように(笑

Posted Time: 09/03/11 13:17

(もしよろしければ)コメントを御記入ください。
なお、御記入頂いたメールアドレスは公開されません。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)