September 26, 2010

花とGRD。 

Category : 写真・flickr

トラックバック企画「フリー」に参加します。

トラックバック第二弾。

カメラを手にするまでは、
花が咲いている方向に注意を向けることもさほどなかったし、
名前などを知ろうともしなかった。

しかし今は、特に梅、桜の季節で、
生きる楽しさがそれまでの10倍増しになった。
花の種類も随分覚えた。

「関心を寄せるものが多ければ多いほど、
幸福になるチャンスが多くなる」らしい。

関心の種類が多ければそれだけ、
生きるための「保険」が効く。
一つの関心を失っても、
残りの関心が生きる楽しみを補ってくれる。

被写体になれば、それが関心の輪の中に入ってくる。
だから今、写真を軸として、
関心の輪が放射状に広がりつつあるのを感じる。

とってもありがたい話。

南禅寺の桜

2010/04/04にGRD3で撮影。場所は京都の南禅寺インクライン。1/200s f/5.6 ISO64。この下には観光客の方々が沢山いらっしゃるのだが、頭ひとつ分上に移動すると見え方が変わった。満開の桜と青空のコンビネーションが土日にやってきた、というだけで感謝せずにいられない。

※写真はflickrにリンクしています。
flickrからフルサイズのjpgイメージがダウンロード可能です。

Comments (0) | Trackbacks (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hanrasen.com/mt/mt-tb.cgi/64

コメント

(もしよろしければ)コメントを御記入ください。
なお、御記入頂いたメールアドレスは公開されません。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)