July 18, 2009

先日、本を読んでいて、こんな一節が目に留った。

心がおっつかないから迷ったり、生きるのがしんどくなる。世の中だってぎくしゃくしてくる……。もういっぺん振り出しに戻ったり、本来の姿を振り返る必要があるんじゃないかと思う。
それには、歩くことなんじゃないかな。人間の自然な姿は歩くことだから、歩くことは人間を振り出しに戻してくれる、なにかを振り返らせてくれるような気がする。原点かもしれない。地べたに自分の足がつくことで、大地とふれあい、大地の力をいただくことができる。

引用元:「一日一生」酒井雄哉

著者は天台宗の大阿闍梨で、
千日回峰行という想像の域を超えた修行を積み重ねてきた人。
で、この修行はともかく歩く。一日85km歩く時もあるという。
そんな方が上のようなことを言うと説得力がある。

なぜ歩くかというと、歩くことは座禅と通じるかららしい。
天台宗には「歩行禅」という考え方があるという。
歩きながら悟りを得るわけだ。

これを読んだ私はすっかり感化されて、
本日7/18を歩行禅の日にしようと考えた。
正午あたりから夜までともかく歩き続けようと思った。

しかし、例のトラップであっさり挫折した。

出町柳を起点に三宅八幡あたりまで歩いてみて、
その後は成り行きに任せようという計画だった。
銀閣寺に到達後、白川通りを北上するまでは良かった。
ここで、ふと「金福寺」に寄ろうと思ったのが運の尽き。

金福寺の猫

おなじみ、金福寺の猫。全力で甘えてきます。

この寺に住み着いた猫を膝に乗せて遊んでいて、
気付くと2時間座ってのんびりしていた。

もうすっかり気が抜けてしまって、
一乗寺のラーメン屋で行列に並んでまでして
チャーシューメンとでかい唐揚げを喰って帰ってきた。

何かあんたの大事なものを断て。
そうすればあんたの望みを叶えてやる、と言われても
猫断ちは拒否しそうな気がする。
うまいもん断ちも駄目だな。
あと、あれとあれとあれもちょっと無理だな。

キョリ測で今日の歩行距離を見積もると約10km。
勿論何も悟れなかったが、ただ、ずっと歩き続けていると、
だんだん世界が綺麗に見えてくるような気がする。
美しいものがパノラマになって、
視界の左右をさーっと流れていくような、そんな感覚。
多分何かの脳内物質のせいだと思うが、
歩くことは元気に繋がっているようだ。

歩行禅とは、
「この世の中も結構捨てたもんじゃないぜ」と
感じるための技術かもしれない。

Comments (0) | Trackbacks (0)

May 19, 2009

此頃関西ニハヤル物 

Category : 日常雑事

熱が出た。

ここ数日断続的に悪寒を感じていたのだが、
月曜になって本格的に頭がぼおっとしてきた。
まずい、と思って、会社は定時でさっさと引き上げた。

帰る時、先に周囲に謝っておいた。
「H1N1、うつしてたらごめんね」。一斉に複雑な顔をされた。

家に帰って体温を測ると微熱がある。37.1℃。微妙な数値だ。
インフルならもっとガッと熱が上がるもんだ。
しかし、こっちは風邪に対しては結構な自信を持っている。
ここ数年は会社を休む程の風邪をひいていない。
私の耐風邪属性と新型インフルの力が拮抗しているだけかもしれない。

今朝、症状はほとんど変わらない。
軽い微熱はあるが食欲もある。ただ軽い吐き気がする。

地元の保健所に電話を掛けた。一通り症状を話す。
「最近海外には行かれましたか」
「いいえ」
「最近、神戸の方に出かけられましたか」
「いいえないです」
「じゃあ普通の外来に行って下さい」
「職場で神戸やら吹田、茨木方面の人もいますけど」
「大丈夫です。普通の外来に行って下さい」
えーんかいな。訝りながら近所の内科に行く。

マスク越しに状況を話す。
保健所からこんな風に言われたんで来たんですけどね。
受付の姉さんの顔色が変わる。
「ちょちょちょ」みたいな感じで別室に連れて行かれた。
マスクメンに囲まれて再度状況説明。
体温を測ると更に微妙に数値が上がっている。37.4℃。
場の緊張感が増した気がした。
院長先生の登場を待つ間、職場に実況中継をする。
「今別室でね、検査受けてるんですけどね、まだ結論出てないです、へへ」

先生が来た。
流石というか、一瞥で見切った。
「あ、まあ大丈夫でしょう」
一応検査しますね、と鼻の粘膜を採取され、暫し待つ。
「今、この地域には患者は出てませんからね、可能性は低いと思いますよ」
検査結果、インフル陰性。めでたしめでたし。

今回のこのインフル騒ぎが大げさだと言う向きもあるようだが、
私はこのくらいでいいと思う。
後で「あの時、ちょっと怖がりすぎたよねあはは」、
と笑い話にするくらいでいい。

政府、自治体がどのような対応をしても批判は出る。
これはヤバい、と感じるアンテナと行動に移す勇気が重要であって、
無策が一番拙い。個人レベルでも、そうだ。

しかし、インフルじゃないと判って、なんか物足りないのだ。
最先端の流行ものに乗っかれなかった、ああ残念、という気分か。

Comments (0) | Trackbacks (0)

August 29, 2006

「は」は自己防衛の手段か? 

Category : 日常雑事

児玉清で思い出した。
小学生の頃に違和感を感じていたことを。
児玉清といえばアタック25である。

優勝者決定後の最後の海外旅行クイズで、
当時は少なくとも90%以上が「ある人物」についての出題だった。
「ある都市」等の回もあったが圧倒的に確率は稀だったと思う。
児玉清のこんな台詞に乗ってクイズは始まっていた。

「今日、、ある人物を当てて頂きます。
 さあ、◯◯さん、エールフランスに乗れますでしょうか。
 パリがあなたを待っております。
 ある人物、フィルム、スタート!」

後世にまで語り継がれるだろう名調子である。
しかし、私はこの「は」が気になって気になって仕方なかった。

おかしいやん、ずっと「ある人物」続いてるやん、せやから今日 "も" やろ、
と親にしつこく言い募った覚えがある。
親も、細かいこと言いやがってこのガキ、と思ったろう。

しかし、この「は」が気になる癖は今も続いている。
シーンによりけりだが、特に謝罪時の「は」が引っ掛かる。

例えば私が仕事でミスをして謝ることになったとする。
「はい・・・私勘違いしてまして・・シマウマの睡眠時間ではなく、
 アザラシの集団的生殖活動を分析したこと、間違いでした」

ここで止められると、私、相当気持ち悪くなるんですね。

この後に「でも、私のアザラシへのアプローチにも狙いがありまして・・」なり
「しかし、生殖行為への包括的言及とラカン的断絶には相補的演繹性が・・」
なりが来れば、流れとしてはおかしくないので納得はできる。

感じからすると、何だか続きそうな感じがするのに、
ここでお終い、となるのは居心地が悪い。
何か、本音、隠してない?と言いたくなる。

更に、例えば私が痴漢のついでにスリまで働いたとする。例えば、である。
「はい・・・人の財布をスったこと、悪かったです」

つまり、「は」、は自分の責任の範囲を限定する試みではないか。
これ以上はあえて言いませんが自分が間違っていたのはここまでです、
という主張を暗に含んでいる感じを受ける。
半無意識的な自己防衛だと思うのだ。
私の知る限り、この「は」に反応する人はやはり他にもいる。
運が悪ければ、「は」で不必要なトゲが立つ時がある。

じゃあ、「は」の代わりに何が来れば、当座丸く納められるか。
「は」について考える事十余年、すなわち最良の選択肢は、
「単に抜く」という結論に至った。

つまり、
「あなたのおはぎを食べたこと、間違いでした」
に代えて、
「あなたのおはぎを食べたこと・・間違いでした」
とする。
いかにも日本語的アプローチだが、
たくまざる可愛げが出るという福音もある。
仕事絡みだと「が」の方が有効な場合もあるが、
本気で真の原因を追求しているようで、どうにも頑なな印象となる。

だから、
「痴漢を働いたこと・・間違いでした」
とすれば可愛げが出て、えー、これはおかしい。

ああ、よくわからなくなってきた。
ただ一つわかるのは、こういう内容を酒席で主張していると、
確実に近くにいる女性が一人二人と去っていくことだ。

Comments (2) | Trackbacks (0)

August 15, 2006

チャリパラダイス京都 

Category : 日常雑事

私が清少納言なら「夏は自転車」と書く
山あいの風景

鞍馬まで行く途中の光景。小学校時代の夏休みの点景を思い出す。こんな感じのところで育ったのだ。

私は熱耐性ポイントが高いので、暑さはかなり我慢できる。
サウナもドクター中松並に良く耐える。
そして太陽が出ていれば、ああ勿体ねえ日光を浴びないと、と反射的に思う。
なにがしかの事情で外出できなければ無意味に罪悪感すら覚える。
本能の奥深くから呼びつけられるような強迫観念である。病気か。
そして、日光を浴びれば妙に元気になってエネルギーを消費したくなる。

よって、晴れた夏の日のチャリは、個人的には最良の選択肢だ。
テニスもありだが、関西のテニス事情は決して良くない。

今朝、うっすらと目覚めると素晴らしく晴れているのが見えた。
慌てて支度した。行き先は京都である。

何故京都か。「自転車の街」だからだ。
思うに、サイクリングに適した街は以下の条件を満たす。
1)走りが快適である
2)飽きがこない
3)しんどすぎない

つまり京都では、
1)碁盤目状道路。よって市街地にはデッドエンドの道が(基本的に)なく、
 目的地への到達経路が任意であり、また(基本的に)迂回経路が不要
2)商業地/緑地帯/町家、寺社仏閣等の配置が絶妙で視界の変化が多く、
 また道路数も多い
3)広すぎず、狭すぎず、で規模が適度、山以外に急勾配の坂がない

札幌市界隈はこの条件に割と近く、歩道の広さについては分があるが、
いかんせんキーとなる場所が少なく、風景が単調になりやすい。
その点、京都は散々走り回っていてもまだ飽きない。
裏通りだらけの街であり、走っていない道もまだまだ多い。

風になる&気前もよくなる
鞍馬までの地図

(横の地図は「キョリ測」より)
朝の9:00前には四条河原町に着いた。MTBを借りに行く。
手続きが一々面倒臭いが、ポダリングできるような自転車では快適な走りはできない。
まず向かう先は鞍馬だ。市街地から離れた山中の観光地である。
少々傾斜はヘビーだが、蝉時雨の中、森の香り漂う狭い道を縫って走ると気分は風である。
陽の当たるー♪坂道をー♪自転車で駆けのぼるー♪ 歌ってしまう。
ここまで四条からだと往復でだいたい35kmというところ。

山を降りてからはまた無茶苦茶に走り回ったので、多分今日の総走行距離は70kmを優に越える。
やはり太陽を軀一杯に浴びてこそ夏休みである。

しかしデメリットもある。
本能の赴くままに走っていると、気持ち良いくらい決心が早くなる。
ふらりと立ち寄った鞄屋で肩掛けタイプの吉田カバンを即購入。
ふらりと立ち寄った酒屋で焼酎一升瓶購入(これはいつものこと)。
ふらりと立ち寄った本屋で¥6000分の本を購入。
最後については、堆く積み上がった本を横目で見ながら現在後悔中である。

あと、日焼けでひどく腕と脚が痛い。
デイタイムの殆どを使って走ったので当然といえば当然だが、
日傘をすぐ差す女性には無理だわ、これは。

Comments (0) | Trackbacks (0)

August 14, 2006

将棋を「観る」

(関連サイト:第33回近鉄将棋まつり
今日の午後。大阪、天王寺の近鉄百貨店。将棋まつりは今までになく賑わっていた。
神吉六段によると、大阪開催の一日の入場者で新記録となったらしい。
私もずっと立見だった。(1000人程度?)

将棋がブームになっているという話は今の所聞かない。
ただ、谷川九段が「将棋の愉しみ方が多様化しているせいでしょう」と言っていたが、
確かに関連情報が入手しやすくなって、ライト層の裾野は広がっているかもしれない。
実際に将棋を指すことはない私も(将棋倶楽部24で指すことは稀にある)
コアなマニアではない。スポーツ観戦と将棋の棋譜を読むことはほぼ同義だ。

さて、今日のメイン棋士は以下の通り。
谷川九段。山崎七段。神吉六段。瀬川四段。
この面子も賑わいの理由だろう。特に初来阪となる瀬川四段は大きい。
私が今日を選んだのも、瀬川四段がいたことと、とりあえず神吉六段が居れば
お寒いトークにはならないだろうと思ったからだ。

午前中は美容院に行っていたため、現地到着は昼過ぎ。
山崎七段が指導対局を行っていた。

指導対局

山崎七段の指導対局(10面指し)。横のおっちゃんの話では「山崎結構負けとったで」とのこと。うむ。しかし頭髪が淋しい人が多い(←失礼)

<以下なんだかんだ言ってマニア向き>

続きを読む --> "地味なイベント:「将棋まつり」"

Comments (0) | Trackbacks (0)

April 18, 2006

私は気が弱いシャーマンか 

Category : 日常雑事

成分分析結果。

Marserの47%は呪詛で出来ています
Marserの39%は果物で出来ています
Marserの7%は気の迷いで出来ています
Marserの6%は言葉で出来ています
Marserの1%は理論で出来ています

Comments (0) | Trackbacks (0)

January 3, 2006

まずは、皆々様に幸多き一年であることを祈念致します。

正月はほとんどMacOSXと戯れていた。
飽きない。OSXで、できることが一気に拡がった。
拡がりすぎて何をどこにどう使えばいいか、わけがわからなくなっている。
機械に使われている典型例だろう。

今まで積木だけで充分楽しめていた子供が
使い切れないほどの最新型の玩具をいきなり与えられて、
さあ好きに遊べと言われて戸惑っているような状況である。

今までの(OS9)環境がいかに遅れていたのか。
例えばiTMSも使えない。Googleのサービス群もほとんど動かせなかった。
RSSリーダも、使いものになりそうなものはほとんどなかった。
でも、無けりゃ無いで不満はなかったはずだったのだ。

なんか、「こんなこともできる」「あんなことも工夫すればできる」と言われて
それを何かのギムのように思って必死で追いかけている状況が
今の自分のような気がする。

便利。確かに便利だ。
しかし「やる必要のないこと」までやることができたり、
「知る必要のないことまで知ること」ができるようになることが望ましい姿ではない。
その「やる必要があること」「知る必要があること」、
これらを把握するために、自分と身の回りのシステムを構築することに注力したい。

とはいえ、細かいソフトウェアを入れたり出したりする作業って、
箱庭作業的で愉しいんだよねえ。

Comments (0) | Trackbacks (0)

December 23, 2005

シャラポワ VS 和田アキ子 

Category : 日常雑事

去る12/21、現在営業で日本巡業中のシャラポワさんを見に行った。

マリア・シャラポワ

数日前からこの日は定退!(シャラポワ定退)と宣言し、
仕掛かりの業務は無かったことにして、槍が降ろうが速攻定時退社。
当然である。アリーナ席、¥12000×2名。
同居人からクリスマスプレゼントとして貰ったのだ。
これは無にするわけにもいくまいに。

私は別にシャラポワさんのファンでもない。
ただ、プロテニスを観るという経験は、
プロ公式戦がない関西ではなかなか希有なのだ。
シャラポワの胸のあたりの2つの突起やら、
パンチラやらを愉しみにしていたわけでも、断じて、ない。

続きを読む --> "シャラポワ VS 和田アキ子"

Comments (0) | Trackbacks (0)

December 18, 2005

試験の顛末 

Category : 日常雑事

参考:エントリー「弛むために張る」

試験後に不安なんてなかったわけよ。
手応え?あったよ。
後でJITECから模範解答が出てきた時、更に勝利を確信したもん。
調子ぶっこいてたわけね。
受かった後、上にどういう報告するかとか、そんなことばかり考えてるのよ。
「いやね、たいしたもんじゃないんすけど、こんなの受かっちゃいまして、
まあ業務には大して関係ないんすけど、ま、嗜みとしてね」
嫌みな奴だね。
合格発表はwebで公表されるのよ。それが12月15日。

何点で受かってるか、興味はそこにしかない。
受かってることが前提なのよ。
点数はホームページにパスワードを入れたら、見ることができる。
フンフンフーン、なんて鼻歌歌いながらね、
片手に焼酎を持ってね、もう祝い酒用意してるの。
それが夜中の12時頃かな。で、見た。

結果

続きを読む --> "試験の顛末"

Comments (0) | Trackbacks (0)

December 4, 2005

私の経県値 

Category : 日常雑事

一時的なはやりものに乗っかってみる。

私の経県値

ああ。思い出が次々と蘇ってくる。

Comments (0) | Trackbacks (0)

November 20, 2005

ちんちん日光浴 

Category : 日常雑事

随分久しぶりにスポーツクラブに行った。
憂鬱感が募って思考がぐるぐる廻るだけの時は、
ひたすら身体を痛めつけるのに限る、と思っている。
今日はそういう日だった。

ウォームアップにランを少々、あとはウェイトを黙々と続ける。
何も考えない。
2時間くらい掛けるとあちこちの筋肉が適度に痛み出す。
そして気分はすっかり良くなった。

終わって、さて風呂に入るか、と思った時、
更衣室の片隅にある円柱状の物体が目に入った。
ずっと故障中だったタンニングマシンである。

続きを読む --> "ちんちん日光浴"

Comments (2) | Trackbacks (0)

November 15, 2005

意味もなく戦う 

Category : 日常雑事

関西も寒くなって、コートやマフラー姿が増えてきた。
そろそろシャツ(やや袖まくり)だけで通勤していると
変なヒト扱いされるようになってきた。
上着を着るほど寒く感じないのだが、
確かに、ほんの少しは、我慢している。

ジジイが朝早くから寒中乾布まさつをやる心理に近い、
と分析している。

Comments (0) | Trackbacks (0)

November 10, 2005

追悼・本田美奈子さん 

Category : 日常雑事

私の中でこの人のイメージは、
マリーリーン♪の頃以来殆ど更新されることはなかったので、
追悼特集でオペラ歌手化した彼女を見てぶったまげていた。

ミュージカルをやっていたということは辛うじて知っていた。
しかし彼女の場合、TVの世界からドロップアウトして
仕方なく舞台の端役で食い扶持を繋いでいる有象無象の元タレとは
恐らく覚悟も才能も違っていたのだろう。
惜しい人だったんだ、とようやく気付いた人はきっと多いに違いない。

残念だなあ、などと思いながらも、
全然関係のないところで私の目は生前の彼女の映像に釘付けになった。

続きを読む --> "追悼・本田美奈子さん"

Comments (0) | Trackbacks (0)

October 17, 2005

弛むために張る 

Category : 日常雑事

やっと終わった。
朝から夕方までの長丁場、延々試験を受けていた。
情報処理系の資格試験。
結果はまだ判らないけれど、
答案用紙に思い切り考えを叩きつけてきたので後悔はない。

続きを読む --> "弛むために張る"

Comments (0) | Trackbacks (0)

September 25, 2005

人はみな悩みの中 

Category : 日常雑事

ふらりと三条河原町の紀伊国屋書店に寄った。
時刻は既に午後7時を廻っていた。
店の入口では何やら人だかりがしている。

そこには10人くらいの手相見が並んでいた。
向かいでは同じ姿勢で背を丸め、同じく手を凝視する人々。
その後背後には待ち人約20人が並んでいる。
カップルや女性同士のペアばかりだ。
指定の本を2冊買えば手相を観て貰えるという。
本代総計¥980。相場からすれば安い。

占いの様子

斜め後からそんな様子をぼんやり眺めていると、
眼鏡のお姉ちゃんが何かボードを持ってすう、と近づいてきた。
「すごくよく当たるんですよぉ」
などと言う。
「過去のコトを当てられる先生のお弟子さんたちなんですぅ、
私もすごく当たっててぇ」
そしてここにいる手相見たちは
皆相応のキャリアを有するのだと言いつのる。
じゃあやってみますわ。過去。当ててみせたら大したもんだ。

続きを読む --> "人はみな悩みの中"

Comments (0) | Trackbacks (0)

September 13, 2005

体重が落ちていく 

Category : 日常雑事

甘い物を断っただけで体重が4kg落ちた。
今までどれだけ乱れた食生活だったのか。

Comments (0) | Trackbacks (0)

September 3, 2005

童貞を捨てる 

Category : 日常雑事

つい一ヶ月前まで、こいつに手を染める気など皆目なかった。

猫も杓子もブログ、という、
右にならえ的な傾向に抵抗を感じたこともあるし、
どうせ9割方は内輪馴れ合いコミュニティーにしか行き着かないんじゃないの、
とも思っていた。

で、ごちゃごちゃ言いながらそのブログを今から始めようという。
乗り遅れた者の恰好悪さよ。今更なによ、という感じだ。

始める理由はごく簡単で、
とある場所で「ダラ文」書きの面白さを改めて感じたからだ。
ダラ文とは言うまでもなくダラダラ文章のことだ。

考えるまでもないことだが、
コメントやトラックバックなどといった飛び道具よりも
個人のホームページを持ち、管理することの敷居を下げたことが
ブログという形式の最も大きい功績だ。
管理もダラダラできる。

さて、ダラダラに身をやつしつつ、いざ行かん。
(本日がスタートです。
 今日より前の日付のエントリーは、
 某所で書いたものを移管したものです)

Comments (0) | Trackbacks (0)

September 1, 2005

健康診断と饅頭 

Category : 日常雑事

たまに、ネット上にも関わらず自分の容姿を
力一杯アピールしている様子を見かける。

笑ってしまう。そこまでして幻想の自分をアピールしたいのか。
書いている内容、それは「そう見えて欲しい自分」じゃないのか?
そんな幻想につきやってやる人の方が稀だろうが。
なにゆえこいつは一生懸命無駄なこと書いてるのか。
全くもっておめでたい輩がいるものだ。

続きを読む --> "健康診断と饅頭"

Comments (0) | Trackbacks (0)

August 1, 2005

 

Category : 日常雑事

夕方、ホテルの喫茶店で本を読んでいた。
ホテルの喫茶店、確かに料金は高価い。
でもコーヒーも好き放題お代わりできるし、
雰囲気もほどほどにざわつき、ほどほどに静かなので、
落ち着いて本が読める。
だからわざわざ京都にまで出向いてここまでやってくる。

続きを読む --> "ネ"

Comments (0) | Trackbacks (0)