July 23, 2009

あの、私、Twitterを始めたでしょう。
で、フォローしたい人も当座思い浮かばないもんで、
勝間和代さん広瀬香美さんをとりあえずフォローしたんですよ。
そしたらね、画面がもう2人の公開チャット状態なんですよ。
夜は特に、

勝間、勝間、広瀬、広瀬、広瀬、勝間、広瀬、勝間、

みたいに、だーっとメッセージが並ぶ。
ゲシュタルト崩壊起こしそうになりますよね。

でね、勝間さんは特に、外野というか、
メッセージを投げて来る相手にマメに返事してるんです。
で、私もつい、こう思ってしまっちゃってるんですよね。
「お、勝間、強面の癖になかなかいい奴じゃん」

ダメでしょ、簡単にそう思っちゃ。

そもそも、私が今更Twitter始めたのは、
自民党と民主党の議員が、
なんかの話題をTwitter上でしてて、
それでその話題に関しては党の垣根を超える感じで
意気投合してたってのが一部はてな住民の中で話題になってて、
その様子を見て、もしかするとこのツールは様々な意味で、
人と人との距離をぐぐっと縮めてくれるんじゃないか、
まだまだ大きなポテンシャルを秘めたツールなんじゃないか、
そう思ったのがきっかけなんです。

これはツールそのものの威力というより、
Twitterが現在の大ブレイクまで数年かけて、
「Twitter上では挨拶もなしにずけずけモノが言える」
ような雰囲気が醸成されてきたってのが大きいと思いますけどね。

距離を縮めるのはいいことなんですよ。
双方がそう思っているのならほんといいことだと思います。
でも片方だけ、有名人←→非有名人の間のやりとりで、
非有名人側だけが、
「距離縮まった!イエイ!」
そう思ってたとしたら?

営業ツールですよね。Twitter。

そういう目で見ると、
上の、勝間さん・広瀬さんのやりとりも、
どうもきな臭く見えてくるんです。半分演出なんじゃないかと。
双方、毎日新聞系のメディアに連載を持っている。
ま、自然発生的なものだと本人は言ってますけどね

でも、100%とは言いませんが、
30%、あるいは70%、猿芝居のような気もするんです。

あのね、私は外国のことは知りませんよ。
単なる感覚で物言ってますけど、日本人は、
「有名人にちょっと気にかけてもらえるだけで、
その人に対する好感度がうんと上がる」
傾向が強いように思うんですよ。
だから、上の勝間さんみたいに、
マメに市井の人々にレス付けるだけで、
本人のみならずそれを見ている周りの人たちの好感度も格段に上がっている、
なんか見ていてそんな感じがするんです。

で、これは好感度上昇バイアスを掛けられてるんじゃないか、
一種の情報操作じゃないか。そんな気がしてならないんです。

だから、私はTwitterは公選法違反という見解に賛成です。
どうもネット住民はこの見解に否定的みたいですけど。
私はまだ、こんなピアツーピアのやりとりの中で、
情緒に流されないネットリテラシーを、
多くの人が持っているようには思えないんですよ。
まだ機が熟していない、そう思います。

あるトピックについて、
政治家と純粋に直接的に議論する場がある、
これはいいことだと思います。
でも、それは市井の人々が明確な問題意識を持っている、
これが大前提で、
「やった、有名人からレス貰ったぜ」
などとはしゃいでるうちはまだまだだな、そう思います。

いや。私も人のことは言える立場じゃないですよ。
私もその手の情緒に流されがちな人です。
数年前、村上春樹から直接メールが来て、
相当な勢いではしゃいでましたから。

だから、上記は自戒に近いです。
「はしゃぐな。ちゃんと本質を見ろ」
日々、自分に対して言い聞かせてます。

Comments (1) | Trackbacks (1)

June 14, 2006

既に方々で紹介されている記事なのだが、
記事の本家本元がやはり一番正確(だろうと思う)。

The sound that repels troublemakers

'Mosquito'と呼ばれるこの機械は、
無害な「ぶんぶん」と鳴る高周波ノイズを鳴らす。
この音は特に25歳以下にしか聞こえないという。
そしてこの音は聞こえれば、鬱陶しく不愉快なので、
若者の犯罪に手を焼く店先などに設置すると、
明らかな犯罪低減の効果がある、という。

リンク記事の最後にそのmp3ファイルがある。
私は必死になった。

力一杯耳にヘッドフォンを密着させ、
その「ぶんぶん」という音が聞こえるまでボリュームを大きくした。
お約束である。確かに聞こえたが、「不愉快」と思えない自分が淋しい。
とりあえずは、よっしゃ老いてない!と自分をむりに納得させた。

思ったこと2つ。
・青い街灯が犯罪抑止に対して有意に効果あり、という話もある。
 (真偽は定かでないが。今日の新聞にも載っていた)
 これらのような、閾域下に訴える防犯手段は他にないものか。
・聞こえる音域は、年齢と共に狭くなっているということである。
 耳の白内障ともいうべき病状は年齢とともに、
 知らず知らずのうちにじわじわ進行している。嗚呼。

Comments (0) | Trackbacks (0)

June 5, 2006

速聴効果:通常比約1.45倍 

Category : Web一般

速聴。これで頭の回転が良くなるかどうかは知らないが、
もし速ければ速いほどいい、というのなら、
今日のこのサイトは殊更効果が高かったに違いない。

NHKラジオニュース(再生時のスピード=はやい)

そんなことで僕は株を買っていたわけではないと2日間僕検察当局とガンガンやりあいました宮内さんがそらいけーやれいけーニッポン放送だと聞いちゃったでしょとそれ確かにあった私はこの証券市場の中でプロ中のプロと自分を自任しておりますプロ中のプロが万が一にでもミステイクを犯していいものか私の・・

Comments (0) | Trackbacks (0)

April 23, 2006

タイタニック2 

Category : Web一般

特に警察と銃撃戦を繰り広げるジャックや
墓前で「ローズ!」と絶叫する箇所で大笑いした。

本気でこれを作ったら、前作は完膚無きまでに台無しに。

Comments (0) | Trackbacks (0)